龍狼伝 打ち切り? みんなには龍狼伝をオススメしない理由。【ネタバレ】

お久しぶりです、タカヤマです。

1日2時間漫画やアニメを読む僕が紹介する、今回の漫画は「龍狼伝」です。

タカヤマ

今日も完全に僕の趣味で書いています。

龍狼伝 のぶっちゃけた感想を書いています。

ネタバレなので信者の方・未読の方はお許し下さい。

先日、龍狼伝-王霸立国編の第7巻を購入しました。

まずこの漫画ご存知の方もいるかもしれませんが、今から約30年ほど前から続いている漫画です。

初めに言っておくが僕はこの漫画の大ファンだ。

当然、この漫画の単行本が発売されれば買っている。

現在も月刊誌で連載が一応続いているし、今、現時点で「打ち切り」と言う情報は僕は聞いてません。

でも、みんなに進んでオススメすることができる漫画ではないと思う。

目次

龍狼伝をみんなにオススメできない理由

この漫画はものすごく人を選ぶ漫画、癖がある漫画だから。

じゃ、お前はなんで読んでいるんだ!と聞かれたら

それは僕は以前にこの膨大なお話をすでに子供の頃に読んでいるから、予備知識があります。

大人になった今でもただ、新しいお話を読むだけだから続けられます。

そしてもうこの物語の最後を見届けるために読んでいます!と言いぐらい子供からのファンです。

でも部分的に男性の大人の三国志、格闘漫画好き(大体30歳から40歳ぐらい)にはオススメできます。

いまさら龍狼伝について

平成9年度(第21回)「講談社漫画賞」少年部門受賞。

一時期はネオ三国志として確かどこかアジアの国に凱旋していた感じが単行本の後ろに乗っていたと思ったけど。。。。ごめん昔すぎて忘れた😅

それぐらい勢いのある漫画だった。

なぜこれが、当時テレビアニメにならなかったのか不思議です。

今でも、どこかでやってくれないかぁ〜と淡い期待を描いています。

なぜなら今、昔話途中で打ち切りになったテレビアニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険(原作は1989年の作品)が2020年度版としてオリジナルと全く同じお話でやっているからです!

それも前回打ち切りになった回を今回は超えて進んでいます。

どうかちゃんと最終回まで進んでほしい!!

タカヤマ

マジ!感激です‼️😭😭😭

この漫画(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)はみんなにオススメできる漫画です。

この漫画のお話はこちらで熱く語っています。

本当に好きな人だけ見てください。🙇‍♀️

さて、僕の記憶を辿るようで記憶の誤差があって申し訳ないが、龍狼伝を最初に読み始めたのは子供の頃で、世の中も三国志のゲームで流行っていたんだと思う。

確か今よりも日本は格闘ブーム。

ゲームも格闘のゲームが流行っていたと思われる。

三国志絡みで読み始めたが、途中読まなくなり、また漫画喫茶でこの漫画を発見をした時に、懐かしさから最初から一気読みをして今に至る。

読み始めて、今は電子書籍で単行本を読んでいる。

龍狼伝ざっくりとあらすじ紹介

現代にて、修学旅行で中国に向かう途中の飛行機の中で中学生の天地志狼(主人公・竜の軍師・竜の子)と泉真澄(ヒロイン・竜の巫女・娘娘)は、空に現れた龍に飲み込まれ、二人だけが(笑)三国志の時代の中国にタイムトリップする。

ドラゴン

なんとかその世界で生き延びていこうとするが、歴史の三国志の世界に巻き込まれていき、

生きる上で主人公・志狼は現代の知識も駆使して人間だけではなく、動物、神(その土地の土地神様)?、幽霊などと戦い段々と強くなり、無双しまくる。

当然、三国志の歴史の表舞台に顔を現す。

そうすることにより、ヒロインも戦いに巻き込まれ、敵側に拉致されてしまい。

二人はその世界で別々に昼夜を過ごす時間が長くなる。

月

一貫して物語は主人公がヒロインを救い出すまでのお話を描いている。

現時点(単行本最新7巻・2021年秋)で精神崩壊したヒロインを助け出す。

ヒロインの真澄ちゃんも知識的に無双を誇っていたので、あまりにも変わりはてた姿でびっくり!

ヒロインを助け出す過程で主人公()は仙人から修行をつけてもらう事に始まり、武術をおそわり、もう人間じゃない、仙人超いや、神と呼ばれるような存在になっている。😂

そして、主人公は今は自分の国を作ろうとしている。

ただ、それは現代の日本の民主国家的な国を作ろうとするため当然この時代の考えからは、かなりかけ離れている。

ネコさん

三国志とは、もうあんまり関係ないような感じになってきている漫画だね

理由・お話がものすごく長い

1993年から始まって、2021年度まだお話は終わっていません。

というか全然終わりが見えてきません。

日本が世界に誇るワンピース(1997年から開始)よりも前に始まった漫画(1993年)だが、ワンピースの方はなんとなく終わりに近づいてきているのがわかるが、

ルフィの銅像

龍狼伝はまったく!!と言っていいほど終わりが見えてこない(笑)

どうやって終わりにするのか?全く読めない。

  • 2021年9月現在、単行本は61冊発売。
  • 『龍狼伝』全37巻
  • 『龍狼伝 中原繚乱編』全17巻
  • 『龍狼伝 王霸立国編』7巻

とは分けてはいるが、結局は1本のお話で途中から読むと意味が分かりにくく、その面白さは半減する。

他の方のクチコミやTwitterをみてもかなり辛口な評価が多い。

理由・格闘技や武道、武術が好きなら

戦争なら、素手でやるよりも武器を持つと思われるが主人公はほとんど全て徒手空拳で戦ってきている。

人のレベルは超えているが。。。。

格闘技というよりも、陰陽思想、中国武術、八極拳、太極拳、発勁などの 中国武術をベースに「個」 体 「個」 のバトルが描かれる。

要はワンーオーワン、タイマンだね。

結構一般的ではなく、コアな好みだと思う。

戦争だが集団戦でのバトルは物語でほとんどクローズアップされない。

それでも僕はこの漫画の単行本が発売されれば買っている。

なぜならば、僕は尊敬の意味をこめて、この漫画が好きだからだ

だから僕と同じぐらいの世代、30代から40代ぐらいの人たちには懐かしいさも絡んで、「発勁」と言って友達と遊んだ記憶がある人にはこの漫画は凄く刺さると思う。

だからみんなではなく部分的コアな人たちになる。

僕なりの龍狼伝の凄いと思うところ

まず、この漫画『龍狼伝』の凄いところは、

今ではなく、約30年も前に異世界に飛ばされてしまうという、当時に発想をした漫画だから凄いと思う。 

今流行りの異世界トリップの漫画は今日本に沢山ある。

やっぱり、異世界トリップの漫画は漫画として面白し、僕も沢山読んでいる。

タカヤマ

最近のイチオシはこれ‼️【創世のタイガ】

創世のタイガ

沢山ある中で僕のオススメはこちら いずれ記事を書くつもりです!

現代の大学生たちが、石器時代にタイムトリップする漫画なんだけど。

やはり平凡な主人公がどんどん変わっていく様と原始時代だが考えられるリアルな状況での漫画の為

オススメしたい。

作者・森恒二氏の他の漫画も僕は最初のホーリーランドから全部読んでいる。

やっぱり漫画でもあまりにもリアルからかけ離れてしまうと物語や主人公たちに感情移入ができなくなり、漫画に熱中できないと僕は思う。

さらにその時代のマンモスやオオカミをペットとして仲間として従えて戦うとは面白そうでしょ!

そう言った意味で、この漫画「創世のタイガ」もめちゃくちゃオススメです。😄

今、沢山の面白い異世界トリップ漫画があるのはそれは沢山の情報溢れる現代日本だからだ。

漫画・龍狼伝は今から約30年も前なのに異世界トリップの発想がある。

スマホは当然ないし、携帯電話も一般的ではまだなかった時代にだよ。

凄くないですか?

作者、山原 義人氏に敬意を表したい。

だから僕は漫画・龍狼伝は主人公が異世界タイムトリップする漫画のレジェンドと言っても良いと思う。

この漫画の好きなところ

絵が綺麗でみんなが知っている三国志の話だから、グイグイと話の中に入り込む。

最初の頃から絵が綺麗でしたけど、今はあの頃よりももっと絵が綺麗でリアリティがあります。

だからキャラクターに感情移入ができる。

僕は昔から蓮花(レンファン・主人公とほとんど一緒にいるこの時代の女の子で主人公に好意を寄せている)大好きです。

現代のルールに縛らず、この時代に生きるなら蓮花(レンファン)を妾にしてやれよ!

といつも思って読んでいる。😄

最初から19巻ぐらいまで続く有名な赤壁(レッド・クリフ)の戦い迄はテンポがよくとても面白い。

志狼(主人公・竜の軍師・竜の子)もまだ人間離れしていないし。(笑)

現代の知識と発想で巨大なタコを作って、風に乗って戦場にやってきてくる。

僕も読んでいて「竜の子! 竜の子!」と呟きながら赤壁でのクライマックスのお話で敵ボス・司馬懿仲達との戦いを兵隊さんたちと一緒に地団駄踏みながら読んでいました。😂

龍狼伝 打ち切りだけはやめてくれ!

この漫画、三国志のお話はどこにいったの?という感じでもう我が道を行くという感じで突き進んでいます。😄

せめて僕が死ぬまでには終わらせて欲しいし、極端な話、最後を見届けて死にたい。

ただ竜の子の自分の国を作る、そして未来に向けて頑張る、終わり。

みたいなここまできて、雑な打ち切り的な終わり方だけはしてほしくない

wolf phot

二人が現代に戻るにしろ(いや、もう戻らない覚悟だけど)この世界で骨を埋めるにしろ、きっちりと終わらせて欲しい。

現代で新たな遺跡が発掘された中から二人の様子が石碑に刻まれていて、それと一緒に志狼が母親からもらった首飾りも一緒に出てきた。でも良いから(これは個人的妄想)😅

ファンがなんとか納得する形で終わらせて欲しい。

まとめ 龍狼伝をみんなにオススメしないけど、一緒に最終回を見届けましょう!

今から初めて読む人には龍狼伝はオススメしない。

ものすごくお話が長いから。お話が長いということはそれだけ時間を取られるということ。

まず、漫画の世界では10年ぐらいの時代感だが現実的には週間から月間紙に移動したといえは約30年ぐらい続いている漫画だ。

はっきり言って尊敬の念を込めてレジェンドクラスの漫画と言える。

例え、マガジン月刊誌の後ろの方に表記されていようが。😅

だからこそ、全てを読むのに時間がかかる。

今から初めて読むには沢山の手頃な良い漫画が日本にはあるから。

それでもぜひ読みたい!という人は僕はまず、

最初の『龍狼伝』をオススメする。

絵風も初期の頃は全く違う。😅

でも何度も言うように、約30年前にタイムスリップのマンガの発想があるのが素晴らしいのだ。

  • 『龍狼伝』全37巻
  • 『龍狼伝 中原繚乱編』全17巻
  • 『龍狼伝 王霸立国編』7巻

もちろん、時間があって興味がある人は是非、1巻から全て読んでみて僕のように広大な物語にハマってください。😂

今はその人の可処分所得の時間の奪い合いだ。

そうした中で漫画を読んで物語に没頭できることは一つの贅沢であり、立派な趣味だと僕は思っている。

はコミック等が48時間100円から、読みたい時にパソコンやスマートフォンですぐ借りられる、電子書籍のレンタルサイトです。

『龍狼伝』のその巻ごとのあらすじが書いてあるので簡単に調べられて便利です。

最初の頃のはこう言うサブスク的なので一気読みしたほうが良いと思います。

そして、新刊が出たら、買うほうが効率が良いと思うのですが。。 😅

タカヤマ

一緒に龍狼伝の最終回を見届けましょう!!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

✅ 他のマンガを読みたい場合はやっぱりココ→

参考にしたサイト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E7%8B%BC%E4%BC%9D

よかったらシェアお願いします!
目次
閉じる