新刊発表! Kindle出版 「普通の男子が0から彼女を作る方法」 ゲームばかりをしてきた男子がモテ体質に変わり、恋愛ゲームに参加する方法

規制、規制が日本をダメにする。

目次

既得権益保護、規制と経路依存症が日本を元気にできない。

規制、規制が日本をダメにする。

こんにちは、タカヤマです。

以前Uber Eatsを実際に頼んでみた。

Uber Eatsでマクドナルドのハンバーガーを注文してみた。

まずびっくりした事は結構短時間で商品が届くことである。

注文してから30分程度できた。

またスマートフォンを見て実際に運んでくれる人の動きが明確にGPSで出るため安心感がある。

それに多少家が違っていたとしてもその担当者に電話ではないけれどもアプリで連絡して話をして場所を誘導して伝える事ができる。

普通に温かいマクドナルドを家で食べることができる。

また料金支払いもその場でする必要がない全部スマホで支払いは終わっている。

本家Uberでの システムがそのままの形がUber Eatsになったような状態だ。

Uber Eatsの配達の仕事は日払いのバイト、ギグエコノミーと言われる部類。

実際に使ってみてわかったことだけれども、その当時は自分はマクドナルドのハンバーガー買ったが、

結局のところ普段のマクドナルドで買うハンバーガーの値段よりも20円とか40円とか

商品によってプラスされている部分は注意をしてほしい。

それでも自分はまた次も使う可能性が大いにあると思った。

Uber Eatsなど新しい産業の可能性に凄く色々な期待が持てる。

なぜならば今回Uber Eatsに関して言うのであれば新しいサービスと言うことになるが雇用促進、関連ビジネスの拡大効果も当然あるだろう。

最近、自分の家の付近でもUber Eatsの黒い大きなリュックを担いで自転車で配達している人をよく見かける。

想像発見の逆、規制取締

日本はとても世界に比べたら安全な国ではあるんだけれども

あれは、ダメ、これはダメと規制の項目が多いために、

それぞれの本来であれば日本がリードしていた産業やビジネスがそれぞれの外国の国に追いつかれてしまう。

そして美味しい部分を他の国に取られてしまった。

白タク禁止の日本ではこのUber と言うサービスがとても使いづらいというか規制により違反。

ドライブ 白タク

なんの面白みもない。タダの配車アプリじゃん。

本来であればこのUber と言うのは諸外国の白タクとして使われていて流行ったサービスだから。

ただ日本に関して言うので日本は白タクが禁止だからUber とはそりが合わない。

白タク禁止を掲げている既得権者からしてみれば自分たちが確保している権利を奪いにきた黒船だ。

営業ナンバーも取得していないような会社や運転手は危なくてダメだと言う。

でも、この前僕は、某タクシーに乗ったけど、そのおじいさんのドライバーは偉い危ない運転だった。

こんな細い道でこんなに飛ばしたら横から自転車でも出てきたらどうするんだ??

ブレーキの踏み方も雑で、とてもプロタクシードライバー、プロの運転とは言えない。

もうこの人のタクシーには二度と乗りたくないと思わせるレベルだ。

それなら、事故の際のリスクなども考えた上で営業ナンバーを持っていない人でも丁寧な運転の車に乗りたい。

むしろ、競争してみればいいのでは、その上でやっぱり営業ナンバーをもったタクシーは凄い。

白タクはまだまだだね。と言わせるだけの市場価値、競争力を持てばいい。

TAXI

むしろ、それが自然だろ。

使う消費者に判断を委ねればいい。

ここ出てくるのが既得権益のお話、既得権益者たちは当然自分たちの仕事を奪われるのだから良い顔はしない。

反対をする。それで規制をかける。

既得権益を獲得した人ならばその権利を守りたいと思うのは当然なのかもしれない。

でもこれは自分が働いているのとは違う業界であれば、自分も含めてその人達も無関心か、

気にしないと思う。

これは、どこかの国が自分たちの仕事を移民してきた人々に取られるというので移民を追い出せというニュースを見ているのと同じだと思う。

 日本は先進国の中でも極端に移民の人たちが入ってくる数は少ないと言われている。

でも時代はグローバル化の声が当然大きくなっている。

そして我々は すでに努力をしたわけでないが、すでに日本人という既得権益をもっている。

これを突き詰めていくと、これから日本の労働者は本格的に外国人労働者と本格的に仕事を求めて優秀な外国人労働者と競争をしないといけないということがわかる。

すべての国とは言わないが先進国とその周辺国はもともとインターネットで繋がっている状態だ。

もうかなり前からグローバルな競争の中に我々日本人もいる。

世界

だからこそ変化をしないといけない。

経路依存症

変化をする事は、面倒だし。新しい事を覚えるのは大変。

今までのやり方や方法があるのに、わざわざ新しい方法にチャレンジすることはない。

これはみんなそう思う。この考えを経路依存症というらしい。

今までのシステムや仕組みを使う方が楽だけど、新しいシステムや仕組みの方があきらかに効率良い場合など、変化を恐れずに変えていかないといけない。

経路依存症にならないようにしないといけない。

頭の固い大人にならないようにしないといけない。

老害大国なんて言われないようにしないといけない。

なぜなら

日本の会社の将来にはほとんどもう先がない。

昔稼いで貯めた貯金を少しずつ切り崩しながら生活しているようなものだから。

だからこそ最近ニュースなどでよく騒がれていた45歳以上の社員が首を切られて早期退職を求められる時代になっている。

国が会社に定年雇用努力をするように会社にぶん投げるも 会社自体に体力がなくなっているのだ。

そして変化の時代がついに来ている。

でもこのUber や新しいサービスに関して言うのであれば可能性に満ち溢れている。

有名どころは、殆ど外国の企業ですけどね。

お国柄もあるが、インターネットにより世界がほとんど1つになった世界ではそういう意味でもインターネット上の発信力と迅速に動ける行動力は大事になってくる。

そういった意味で東南アジアや中国の人々は逞しいですよ。

まずはやってみる、作ってみる。規制はその後に考えようという考え方だ。

日本は規制、規制でやはり、まずは安全を大事にするから冒険的なことができないだから、大きな失敗はないけど、大きな成功もなかなか生まれない。

だから中国のようなイケイケドンドン的な国には勝てない。

国自体がスタートアップ企業を本当に応援しようとしている部分もある。

そういった意味では日本はもったいないことが多い。

東京でドローンを飛ばすのはかなり至難の業だが地方でも結局色々な書類や許可が必要だ。

ドローンもかなり可能性がある産業の1つだが、ここも規制で結局のところ日本は高い技術力をもっていながらイニシアティブを取ることができていない。

そしていつのまにか海外の国に追い抜かされてしまい本当にもったいない。

ドローン

結局ドローンの市場も中国、DTIがほとんどだ。

でも、落ち込む必要はない。むしろ落ち込んでいる暇はない。

自分で探せばいいのだ。 インターネットを利用して!

世界にはインターネットが繋がらない国はまだ、沢山ある。日本は十分につながる。

まとめ

時代が変われば制度やシステム、仕組みも当然変わる。

変化をすることができる人、モノ、国こそ生き残る 。

それが、我々が生き残る方法だと思う。

だから、我々大人も勉強しないといけないけどね。

変化をするためにも生き残るためにも。

勉強しよう

それでは、また。 😄😄😄

ここまで読んでくださってありがとうございました。

●この記事は昔自分が作成して投稿したNoteの記事を今風に2020年度版として加筆修正したものです。

https://note.com/takayama_site/n/na8854e7c3bbe

🔽🔽🔽 参考にした本とサイト

奇跡の経済教室 作/中野剛志

【2019年版】世界のインターネット普及率&回線速度ランキング

https://www.digima-japan.com/knowhow/world/15167.php

よかったらシェアお願いします!
目次
閉じる