新刊発表! Kindle出版 「普通の男子が0から彼女を作る方法」 ゲームばかりをしてきた男子がモテ体質に変わり、恋愛ゲームに参加する方法

コロナウイルスによって始まる【映画アバター】時代の到来

目次

未来に向けて、日本人全員はIT力を高めておかないとヤバイ!

お久しぶりです タカヤマです。本日はこのニュースから。

先日、全国で緊急事態宣言の解除がされました。

コロナウイルスの感染者の人の数は日本ではだいぶ少なくなりました。

ただ世界では、まだ増加しているところもあり依然としてまだコロナウイルスの危機を脱した状態ではないことが伺えます。

コロナウイルス

まずは、本当に色々な場所でコロナウイルスと戦ってくれた人たち、現在も戦っている人たちに感謝したい。本当にありがとうございます。

今回、このコロナウイルスが日本人にそれぞれの新しい働き方を企業や個人に 気づかせてくれたと思う。

企業は大慌てで、今までやってこなかったテレワークやリモートワークを進めた。

やってみたらシステムは整っていないので、通常よりは不便なところはあるかもしれないが、決して仕事ができないわけではないということ分かったはずだ。

だって、法人、企業、団体といわれるようなところなら今当然光回線が通っているはず。 家庭にも光回線を通している人多いはず。

日本は今殆どのところでインターネットが繋がる。

これは世界的にみたら凄いことですよ。

僕らは当たり前のように考えているけど、トイレは大抵どこの家にも一個あり、飲める水が蛇口をひねれば、公共の公園でもでてくる。

停電なんて滅多になく、安定して電気が使える。

そして、インターネットはほとんどつながる。まじ、すごいぞ、日本。

そして今回もこのインタネット環境がある程度日本で整っていたからこそ、テレワーク、リモートワークはできたことだ。

これがもし、10年前にコロナウイルスが日本にも発生して、まだスマホも持っている人が珍しい状態のときだったら。。。

スマートフォン

インターネットの知識、設備も少ない状態だったら、どうなっていたのだろう。

おそらく、仕事はできず、企業は休業、それこそライフプランにも影響がある。

日本経済社会は今以上の大打撃。

スマホやタブレットでネット動画が見ることもできず。それこそ自分が持っているDVDや本棚にある紙の本を読むか、僕のように妄想するしかない。

暇を持て余し、自宅待機、自粛など続かない。

パニックになっていたと思う。

インターネットがあって本当に良かった。

でも、インターネットはつながっているが、光回線がつながっていないところは日本でもまだ結構ある。

今回のテレワーク、リモートワーク、オンライン授業、オンライン会議、 ウェブナー オンライン飲み会 何をするにも インターネット回線が必要。

それもある程度速度が早く、回線が安定している光回線が重要になってくる。

国が通信インフラを増強するのは僕でもわかる大事な事だ。(限りなく事実に近いと思われる僕なりの考え)

かならず、また冬に、このコロナウイルス危機は日本で問題になる。インフルエンザも絡んでくるから余計に困難性を増す。

次の一手、対策

冬まではまだ少し時間がある、この時に対策を考えておくべきだ。

映画のアバターや日本アニメ映画サマーウォーズの世界がまもなく来る?!

そして、これから人が移動することがウイルス拡散の要因につながる事ことから移動自体をかなりの時間と空間で制限すると思われる。

でも人と合わないと何も始まらない。特に日本人は集まって何かをするという方法で生きた人々。だったらオンライン上で集まろうよ!となるはず。(僕なりの推測)

オンライン上で一つの世界(複数あってはダメ、だからグーグルのように絶対的なプラットフォームである必要がある)で人がアバター(オンライン上の自分の分身)を使用する。

そこで、人に出会い、商売をして、仕事をして、役所でやるような手続きもできて、そこで完結する。

そしてその空間で恋をして結婚をする。現実の出来事のほとんどがそこで出来る。

まさに映画のアバターの世界だ。

もしくは、日本のアニメ作品の名作の一本 サマーウォーズ 

世界中の人がオンライン上で一つの世界という意味ではこちらに近いかな。

このような世界観の物語がいずれ現実となる、もう少ししたらできそうだと思う。

ここは、日本がデジタル国家エストニアのようにというよりもレベルが超えているけど(笑)、日本国でオンライン日本(名前は別になんでもいいけど)というサイトというかオンライン上の国を世界に先駆けて作っても面白い。

爆発的な日本の経済復興になると思う。(思っきり自分の妄想)

今後はこの仮想デジタル国家にどれだけの観光客を呼び込めるか、デジタルインバウンドの需要が生まれるはず。

5Gがやってきて、自動運転などの新しいビジネスチャンスも考えられるけど、結局その辺りは日本の最大の企業のトヨタでさえも今のままではそのステージでは覇権を握れないと思う。

GAFAやBATHなどITをメインにしているその他の世界の企業に勝てない (僕なりの推測)

これらの話もインターネット、それを扱えるコンピューターがあってこその話だ。

でも、だからこそ、まずは光回線の設備は日本にとって個人や企業を含めて大事な一歩であることは間違い。(限りなく事実に近いと思われる僕なりの考え)

おばあちゃんでも簡単に使える

でもだから、ITといわれるコンピューター、それらのデバイスは誰でも簡単に使えるようにしてほしい。

そう、おばあちゃんでもおじいちゃんでも、使えるように、簡単にわかりやすくしてほしい。

おばあちゃんと娘 親子

そうでなければ、どんなにITが進んでも設備を整えても使う人が少ない、誰もいなかったので意味がない。

人間はなかなか新しい出来事、人、物を自分のテリトリーに取り入れない。

新しい知識を得ようとはしない。既存の技術やシステムでなんとかしようとする。

面倒くさいのだ。コレを経路依存症という。関連して書いたブログはこちら🔽

面倒くさい事はこの効率化、スピードを重視する世の中では誰からも嫌われる。

面倒くさいことは、その人の時間をより多く奪われるからだ。

特に、年齢を重ねた人ほど、変化を嫌う。 もちろんそこは簡単に変えようと言えるだけの言葉が僕にはない。

やはり、そうなるそれだけの理由がその人にあるからだ。

でも変化をしたことにより、より効率的になったり、便利になったり、生活が楽になったりということも事実だ。

だから、新しく取り入れる為にはどんなに素晴らしいもので簡単でわかりやすいことが大事

すこしでも変化をする為に、その人のストレスを減らす為。

まとめ

僕らは日々IT力を高めておこう。ちょっとでも良いからITの勉強をしておこう。

別にプログラミングをしろとは言わない。便利な道具を使えればいい。

まずは、日々自分自身をアップデートする気持ちを持っておこう。

それが、間違いなく後であなたの役にたつからです。

かならず、一年後の自分を楽にしてくれます。

本日の紹介

タカヤマ

本日は題名にも出てきた、映画のアバターについてです。めちゃくちゃ名作です。

ざっくりいうと、戦争で負傷したダメダメの主人公がアバターの世界で、悪戦苦闘しながら、色々な事に葛藤しながらも、その世界で伝説の勇者になっていくというヒーロー物語の映画です。🤣🤣🤣

僕の中ではこの物語はこれで完結してほしかった😭😭😭

大抵2作目はそんなに面白くなくて、3作目、4作目と垂れていき、その物語の評価が下がるのを沢山見てきたから。

でもどうやら調べていくと、今回は同じ世界の話でもそれぞれ別な物語と書いてあったのでホッとしました。やっぱりぜひ見てみたい!

でも、ジェイク(主人公)の子供が出てくると書いてあるけど、少し心配です。

このサイトが一番詳しく書かれていました。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます

よかったらシェアお願いします!
目次
閉じる